SSブログ

オーストラリアのBellarine Railwayに乗ってみる [Geelong-オーストラリア 2019-20]

2019年12月31日(火)、年末年始オーストラリアGeelong滞在記4日目です。
3日目の続きになります。

朝ごはんは日本から持参のお餅入りスープ。電子レンジでチンする時にこの餅網だと失敗なく膨らむんです(笑)

この時期、オーストラリアはいちごが安い。思いっきり食べられるっていいな。





自由旅行の楽しみの一つとして、海外の鉄道旅行。戻ってくるのが大変なので遠くには行きませんけど(笑)

近場を行き来する観光列車に乗るのは楽しいものです。マレーシアの2016年ボルネオ鉄道のブログはこちら



ちょうど今回の滞在中の12月31日と1月1日にBellarine Railwayが運行日にあたることがわかったのですが、当日のお天気がわからないので直前に予約することに。

Bellarine railwayについてはWikipediaを参照してください。

ネットでタイムテーブルが確認できます。滞在中はどちらもブルーのタイムテーブルになります。

料金はQueenscliff駅からDrysdale駅までの往復でおとな一人30ドル(2300円)でした。
当日のネット予約は10時まで、気づいたのが9時40分で焦りました(笑)

サクッと予約を済ませたらまずは終着駅側のDrysdale(ドライスデール)に行ってみます。

ここはチャリダーの聖地でもあるらしく、次々と車がやってきて自転車を組み立てて出発していかはります。すぐ横にはRailwayに並行して走るBellarine Rail Trailがあります。車を無料で止められるのもうらやましいな。


従者は移動販売のコーヒーがむっちゃおいしいと感動しております。



もちろんまだ列車は来ない時間なのでホームもガランとしています。


列車の出発駅であるQueens cliff駅へ向かいます。車で20分ほどです。

Queens cliff駅に到着。

まずはお土産物を物色。

おぉー大好きなトーマスですよ。これはお孫ちゃんに買って帰らないと。


ネットで予約を済ませたスマホの画面を見せると発券してくれました。

列車が出発するまでは駅構内をウロウロ。

オーストラリアでも単線はタブレットの交換とかあるのかな。


機関車がやってきて

客車と連結。
2019123146.jpg


客車の各車両を巡ってみます。

昭和レトロな感じの客車がいいです。

もちろん運転席もジャックしますよ(笑)

いよいよ出発です。

しばらくは気持ちのいい海岸線沿いの道です。



もちろん一般道とも交差しているので踏切だってあります。踏切待ちの乗用車が手を振ってくれたりします。

きれいに並んだオリーブの木、ゴールデンオリーブって書いてありました。我が家のオリーブの木は不調ですが、お日様さんさん降り注ぐオーストラリアならよく育ちそうです。

Drysdaled駅が見えてきました。

Queenscliff駅からDrysdale駅までは16kmなのであっという間です。


終点からはまた折り返しですが、

転車台はなくスイッチバックして戻ってきます。


実はBellarine Railway沿いにはRail trailというのがあり、

自転車が走っていますよ。


せっかく列車に乗ったので、明日は自転車でこの道を走ってみるのだ!!

終点のQueenscliff駅に戻ってきて、

今回の旅のハイライトは終わり・・・のハズだったのですが・・・実はこれはハイライトの序章だったという(笑)


Queendcliffの駅の近くにはフェリー乗り場があります。去年も来てたんですが、マレーシアへ戻る日でアヴァロン空港までの途中に寄ったのであまり時間がなくて鉄道の駅があることさえ気づいてなかったという(笑)

今日はたっぷり時間があるのでヨットハーバーでランチをすることに。


今年のお土産はオーストラリア産にこだわりたいなという思いもあり、ちょうどヨットハーバーでステキなお店を発見。

こういうインテリアを扱っているお店とか大好きなんです。


お土産にぴったりな手作り風の石鹸です。ちゃんとMade in Australiaと刻印されているのもいい!しかし重いな(笑)LCCはプレミアムフレックスでも預け入れの荷物は一個限りで20kgという制限ありなんです。

ランチはテラス席で。



ピザとパスタにしました。

パスタは従者のリクエストでミートボール。パスタのコシがなくてイマイチだったらしいです(笑)


私のピザは大当たり、サクッとしていて追加のトッピングのスモークサーモンもおいしかったです。

当然食べ切れる量ではなく(笑)お持ち帰りにしてもらいました。



ひやぁ~真冬の日本から来た私にとっては青空と白いヨットが眩しい(笑)

ランチの後はヨットハーバーが見渡せる360Qへ。

名前の通り360℃見渡せました。


下のレストランは同窓会かな?同年代の男女が楽しそうにパーティーの最中でした。

君たちもおいでよを期待しましたが、お声はかかりませんでした(笑)


明日はBellarine Rail Trailをチャリで走ると決めたからにはレンタサイクルが必要よね。ということで前日は時間切れで閉まっていた自転車屋さんに向かうのですが・・・

大晦日ということでもう店じまい中。もちろん翌日は新年でお休み。本来はネットで予約をしておかないとだめなところ、直接行ってマウンテンバイクを二台お願い!・・・ちょうどスタッフさん達は夏休みに長野県の松本の山岳地帯を走ってきたばかりとか。それで話が盛り上がったのをいいことに何とかチャリの調達をお願いして・・・交渉事は名人級です(笑)
親切なレンタサイクル屋さんは
Rent My Bike Australia
借りるときなかならず予約してから行きましょう(笑)


すぐ横のマクドナルドで待つことに。何とカウンタではなく、発注の機械があったので試してみる。

1時間ほど時間を潰して、マウンテンバイクを引き取りに。マウンテンバイクの前輪はクイックレバーでかんたんに外せます。

今回のレンタカーミツビシのSUV車、SBXのトランクにピッタリと収まりました。傷が行くと弁償させられるからダンボールで念入りにプロテクトしましたよ。


帰宅後、チャリの不具合がないか近くを走ってみることに。

West Geelong駅ではちょうど帰宅ラッシュ中でした。

ウォーターフロントでは、まもなく始まるカウントダウンの場所取りしてる人が多かったです。

一旦、ステイ先に戻ってピザの残りとか

年越しそばの代わりに年越しマレーシア風焼きそばとか

食べてたらちょうどサンセット。


ウォーターフロントまでは歩いて数分。

プロジェクションマッピング?

着いたら花火が始まりました。

人はそこそこ多かったけど、なんせ公園が広いので混雑感は0(笑)

2019123111.jpg
ライトニングされたフローティングクリスマスツリーもきれいでした。

ステイ先に戻ったところでアップルウォッチの画面に花火が上がりました。去年は南極上空でした(笑)

時差のある日本ではまだ紅白まっただなか。大好きな竹内まりあを見られてラッキー
Wifi環境さえあれば、世界中どこでも自宅のnasne経由で日本のテレビ(録画を含む)がiPadやiPhoneでも見られるというスグレモノ





Bellarine Railway乗車の一日のハイライトを動画にしてみました。23秒なのでよかったら見てくださいね。
年末年始オーストラリアGeelong滞在記5日目に続く。

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

Sunshine and Happiness8992677.gif9608494.png

nice!(44) 
共通テーマ:バイク

nice! 44




ジオターゲティング